2010年04月24日

足利事件遺族に謝罪=「真犯人逃し、時効経過」−栃木県警(時事通信)

 1990年に4歳女児が殺害された足利事件で、栃木県警は20日、菅家利和さん(63)の再審無罪判決が確定した後、被害女児の遺族に謝罪したことを明らかにした。
 県警によると、県警幹部が8日、宇都宮市で、警察庁の担当者とともに約1時間にわたり遺族と面会。「真犯人を検挙できず、時効を経過させた」と謝罪したという。 

【関連ニュース】
法曹人口「ペースダウンを」=時効撤廃には慎重
菅家さんが選挙権回復=「市民として社会参加」
取り調べ全面録画訴え=再審無罪の菅家さんら
警察庁長官「初動高度化を」=刑事部長会議で足利事件に触れ
「真実語る契機見逃す」=再発防止へ全国に「本部係」

選挙費用で整体・整髪…民主・長島議員が訂正(読売新聞)
普天間移設 政局流動化の発火点に 社民反発、連立離脱も(産経新聞)
北教組幹部ら、来月初公判=小林氏陣営の違法献金事件−札幌地裁(時事通信)
「キセル」2年半 車掌を懲戒解雇(産経新聞)
高崎自然動物園 名は「クロマグロ」、でもサルです 大分(毎日新聞)
posted by オオウチ タカシ at 00:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。