2010年05月20日

<下請法>勧告は15件 公取委 (毎日新聞)

 公正取引委員会は19日、下請けいじめを取り締まる下請法の09年度運用状況を発表した。違反行為の是正や再発防止を求めた勧告は、04年の法改正後最多だった08年度と同じ15件。いずれも親業者が下請け代金を不当に減額していた。さらに協力金名目で下請け業者に一定額を支払わせていたケースについては、「不当な経済上の利益の提供要請」を初めて適用した。指導は08年度より641件増えて3590件。勧告や指導を受け、61社が不当な減額分計4億8116万円を下請け2160業者に返還した。

【関連ニュース】
地位乱用:岡山のスーパーを初の立ち入り検査 公取委
公取委:「工事の談合助長」と青森市に改善要求
独禁法違反:シャッター3社課徴金55億円 公取委命令へ
独禁法違反:3社に課徴金55億円 シャッター販売でカルテル−−公取委方針
ファイル:企業・市場・指標 日航とNZ航空を提訴−−オーストラリア・競争消費者委

仕分け第2弾後半戦は73法人86事業 運転免許講習など対象(産経新聞)
全日空商事元社員を逮捕=架空取引で9000万円詐取容疑−警視庁(時事通信)
<訃報>鈴木俊一元東京都知事死去 新宿に都庁移転 99歳(毎日新聞)
官房長官の住民面会に抗議、徳之島住民が集会(読売新聞)
宗教法人口座に収益隠す=FX運用うたった女再逮捕−滋賀県警(時事通信)
posted by オオウチ タカシ at 00:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。